ブログ

  • 豆伍心について
  • 商品一覧
  • こだわり
  • 製造工程
  • レシピ
  • 会社概要
  • お問い合わせはこちらから 072-685-0600 受付時間8:00~17:00(定休日:木曜日)
  • ご注文はこちら
2017年12月19日滋賀県竜王町へ29年度産フクユタカ大豆収穫の検査見学&確認を行いました。

稲収穫①収穫②収穫③大豆袋に入れる大豆袋2乾燥最終大豆大豆袋中身縦長水分縦長水分率②袋表示水分率大豆積み込み

・2017年12月19日、滋賀県竜王町へ29年度産フクユタカ大豆収穫の見学&確認を行いました。今年は昨年より作付け面積の減少と大型台風の直撃により収穫数量等の懸念がありました。当初、作付け面積減少分についてはさや付き増量を期待していましたが、今年も昨年同様レベルで台風被害についてもフクユタカ大豆だけで言えば3㌶分の損失がありました。(約150本:1袋:30㎏)しかも、未だに未解決という事で農家の方にとっても、とても深刻な問題になっています。

・今回、訪問させて頂いた時は丁度大粒:3等になり水分率についても13.7%~12.7%と今年もまたバラついた結果になるなと感じています。乾燥調整では14%設定でも乾燥後の選別になる為、大豆粒の大きさのバラつきが水分乾燥のバラつきに繋がっています。弊社では、大豆を収穫してから1年サイクルで大豆を使用する事をふまえ、乾燥機での過乾燥にならないように竜王町稲作経営者研究会の皆様にお願いしています。(1年通して美味しい豆腐・揚げを製造する為)もちろん、弊社でも大豆劣化・カビ等の品質を維持する為に、大豆問屋管轄倉庫は米倉庫同様レベルの低温倉庫で管理しています。そして、今後の改善・対策の為に1年間の大豆水分率低下移行を調べ竜王町稲作経営者研究会の皆様と協議及び取組みを毎年行っています。ちなみに28年度産から40本に1つ水分率の記録を袋にお願いして、更に弊社で品質の追求を行っていきます。(前回より大幅に増やす。)今後とも竜王町稲作経営者研究会さん及びグリーン近江竜王町農協さんと弊社大豆問屋協力のもと少しでも美味しく・安全な豆腐・揚げ製造を目指していきます!!

2017年12月12日工場見学&学習会を行いました。(生活協同組合エスコープ大阪)

 

車つなぎ

・2017年12月12日に生活協同組合エスコープ大阪さん:泉北ニュータウン地域:仲村さん 田中さん 伊藤さん(事務局)が弊社工場見学&学習会に参加しました。

・今回の目的は現場での製造工程を見学し、生産者に直接話を聞いて交流をし利用推進につなげるという事で、学習会内容につきましては、工場にて①製造工程事前確認②大豆部屋見学③工場見学 事務所にて④㈱豆伍心について⑤出来立て絹ごし試食・⑥大豆について(国産大豆&滋賀県竜王町稲作経営者研究会さんとの関係性や繋がり等)⑦にがりについて(天然にがりと硫酸カルシウムの食べ比べ実験等)⑧市販品との違い⑨試食&懇親会:(弊社オリジナルお好み焼き・豆乳スープ・うす揚げのたまご大葉焼試食)です。残念ながら、うす揚げ体験は開催曜日上行う事ができませんでしたが、弊社従業員の揚げている姿をみて、とても感心して頂きました!!1枚1個ずつ丁寧に手揚げ製造している事の難しさや珍しさも理解して頂き、美味しさの秘訣がここにある事を知ってもらいました♪♪豆腐の凝固実験でも天然にがりと凝固剤との味・食感等の違いや天然にがりの区分など少し難しい話もしましたが、皆さん真剣に勉強して頂きました!!今後も継続して利用推進に繋げていきましょう!!

 

2017年11月26日に「ごちそうフェスタ2017」に参加しました。(生活協同組合生活クラブ京都エル・コープ:主催)

司会案内看板全体全体に演奏

・2017年11月26日に京都市勧業館みやこめっせにて「ごちそうフェスタ2017」に参加してきました。当日は生産者の試食・販売ブースの他、ステージでの歌や演奏、子供の遊び場やフリーマーケット等のブースもあり小さなお子さんからご年配の方まで多くの人が訪れ活気のある会場になりました。

今回、弊社では1度も水に浸していない包装(パック)前の絹ごし豆腐の試食を行いました。また大豆の風味をしっかり感じる豆腐なのでそのまま食べて頂くことをおすすめとしつつ、手軽に色々な食べ方をということで定番の醤油(伊賀越)、豆伍心の豆腐に良く合うゲランドの塩(ATJ),豆腐が少し苦手な方やちょっとしたスイーツ感覚で食べられるマスコバド糖黒蜜きなこ(黒蜜はATJ)や梅シロップ(山本農園)を準備しました。なにもかけずに美味しいと言って頂ける方も多く嬉しかったのですがそれ以上に黒蜜きなこが好評でこれには私も想定外でして早々に黒蜜が無くなってしまうことに・・・。また梅シロップも

人気があり終了したころにはほとんど残っていない状態に黒蜜きなこも梅シロップも数に余裕を持って準備したつもりだったのでびっくりしました。そんな中、準備していた醤油さしが液だれをして使いにくいというアクシデントがあり(泣)、指にかかってしまった方もいて大変申し訳ございませんでした。

主催者側である生活協同組合生活クラブ京都エル・コープでは今回のような大規模での企画は初めてということでしたが私もこのような場に出てくることには経験が浅く、不安な部分はありましたがいざ会場となるともの凄い来場者で私は終始、豆腐を寄せながら喋ることを繰り返し気が付けば終了間際というあっという間でバタバタしてしまいましたがいつも豆伍心の豆腐・揚げを食べているよという声もたくさん聞けてすごく励みになり有意義な時間を過ごせたと感じています。最後にお手伝いして頂いた組合員の方や終盤でマスコバド糖黒蜜を分けて頂いたATJ、関係者の皆様方有難うございました。(小西歩)

 

2017年11月23日・24日に「第27回BMW技術全国交流会」に参加してきました。

誰①誰②誰③誰④むこうやま?誰⑤山梨スライド説明①説明②こうぞうさん黒富士表札プラントプラント②プラント③プラント④プラント⑤プラント⑥プラント七プラント八プラント九プラント11にわとりにわとり②にわとり③プラント④たまごばらたまご包装奥地さん風景さいご川外②

平成29年11月23日、24日に山梨県の山梨大学にてBMW技術協会主催の「第27回BMW技術全国交流会」に参加してきました。今回は『未来につなげる 自然の恵み』~山梨の風土とBMの原点を体感~をテーマとして掲げ行われました。今年の全国交流会ですが1日目は座学とポスター発表が行われ、2日目はテーマの通り、山梨の自然を体感するということで4つの場所に分かれてフィールドワークが行われました。1日目の座学では例年通りBMW技術協会理事長の伊藤幸蔵氏による基調報告や岡山大学の奥地拓生氏による山梨の岩石、ミネラルについてお話の他、西日本BMW技術協会会員の実験の取り組み状況などが聞けました。ポスター発表は交流会会場の開場前や休憩中に別室にて行われ、全国各地の生産者の方が生物活性水を使用した実験報告や事例報告などが張り出され、掲示者が報告を聞きに来た方に適宜説明するという内容でした。ポスター発表は今までにない感じの交流会(あくまで私が参加し始めてからではありますが)で新鮮さがあり、気になったことがあればすぐに聞けるという気軽さがより密な交流になっていると感じました。2日目はフィールドワークのコースを甲斐の国、武将・武田信玄にちなんで「風」「林」「火」「山」の4つのコースがあり、私は「山」コースを選択し、コース内容としては黒富士農場の視察、その帰りに黒富士農場の直売店『たまご村』を伺わせて頂きました。黒富士農場は標高1100mの位置にあり、農場の上流から流れる天然湧水はミネラルに富んでいておいしく、それが卵のおいしさに繋がっているそうです。また、平飼い放牧で飼育されている鶏たちは外をのびのびと走り回ってとても人懐っこく元気そうな姿を見て鶏にとってすごく良い環境であり、黒富士農場がこの場所にこだわる理由を実感できました。帰りに寄った『たまご村』では黒富士農場の卵の他に卵を使ったお菓子など色々販売していて、そこで頂いたゆで卵がまた絶品でした!!お土産に黒富士農場の卵とATJのマスコバド糖を使ったバームクーヘン(これも大変美味しかったです!!)を購入させてもらいました。今回は黒富士農場の水や飼料、鶏たちの環境へのこだわりを見ることができ、私たち豆伍心ももっと自分たちのこだわりについて追求していきたいと考えさせてくれました。ありがとうございました。(小西歩)

2017年12月1日若江岩田にある市民プラザにて豆伍心勉強会を行いました。(生活クラブ生活協同組合大阪)

 

司会勉強会写真料理準備準備ソースおこのみ

・2017年12月1日に東大阪にある若江岩田市民センタープラザにて豆伍心勉強会を行いました。今回の参加者はほぼゲストさんだったので、少しいつもと違った内容で市販品との違いをメインに説明を行いました。それでも、少し難しい話になりましたが、1時間程の長い時間皆さん興味を持って聞いて頂いたと感じております。

・試食タイムでは豆乳スープ・絹ごし入り(山芋抜き)お好み焼きの他におからクッキーや豆乳手作りマヨネーズ・豆乳&豆腐のクリームソース等盛りだくさんの試食品がありとても美味しく!!楽しく頂きました♪♪一人でも多くの仲間が増えるように今後も宜しくお願い致します!!

2017年11月5日第26回「あいたくて都市生活」に参加しました。(主催:生活クラブ生活協同組合都市生活)

理事スタート説明挨拶生産者NPO豆お手伝い竜王全体①平和

・2017年11月5日に神戸サンボーホールにて第26回「あいたくて都市生活」に参加しました。今年はNPO神戸ベイビーカフェによる「ママプロフェスタ」同時開催でワークショップや教室型のブースが20もの出店がありました。また、大勢の生産者さんの参加があり、試食・試飲・販売とたくさん人との触れ合いがあり・楽しく・美味しく、本当に活気のある会場になっていました!!

弊社は、豆乳の試飲・販売を行い①豆乳ストレート②豆乳&フルーツキャロット(1:1)③豆乳&にんじんとりんごの濃いジュース(1:1)の3種類の試飲を準備しました。(豆乳が少し苦手な人でも飲めるように♪♪)豆乳が好きな人は、弊社豆乳をストレートで試飲して大豆の甘み・風味が市販品と全然違う!!・美味しい!!と絶賛してくれてとても嬉しかったです♪♪また、豆乳とジュースのブレンドの方も子供や豆乳が少し苦手な方が「これやったら飲める!!」と言ってもらえたのでほっとしました。やはり、弊社「豆伍心」の豆乳は市販品と違い大豆の使用量が明らかに多い(豆腐用の豆乳をそのまま)ので大豆の風味・甘みに差がでます。(もちろん、使用している大豆の品質やこだわり・製造工程にも大きな違いはありますよぉ~!!)という事で、持参した試飲用・販売用豆乳があっという間に完売!!させて頂きました。ご盛況有り難うございました!!(お手伝いスタッフの皆様とても助かりました。感謝しております。)

最後に今回、生活クラブ生活協同組合都市生活さんスタッフ・生産者含めて1400人の来場者があり、新規加入者さんも多数あり本当にとても貴重な有意義のある時間を共有させて頂きました。本当に有り難うございました。

2017年10月25日豆伍心工場見学&学習会を行いました。(生活クラブ生活協同組合大阪)

集合勉強会大豆部屋大豆②

 

・2017年10月25日に弊社工場見学&学習会を行いました。今回は生活クラブ生活協同組合大阪:平野ブロック:市内中央支部:東住吉地区:高橋さん 宮脇さん 福地さん 山川さんの参加です。主な目的は豆腐の利用結集として豆伍心への工場見学!!。その後、豆腐のよさを知ってもらい登録を呼びかける事!!です。

・今回の学習会内容につては①製造工程について②大豆倉庫見学③工場見学(絹ごし製造)・うすあげ手揚げ体験④事務所にてできたて絹ごしの試食⑤企業理念・凝固実験(天然にがりと硫酸カルシウムの食べ比べ)大豆・にがりや市販品との違いについての説明等⑥懇親会(豆乳スープ・うすあげのたまご大葉入りピザ風焼き・豆伍心オリジナルお好み焼き(山芋・水を使用せず代わりに豆乳を代用)です。

・今回も小西工場長に大豆部屋・うす揚げ体験等の説明をしてもらい、今後の学習会担当員として励んでいます。参加された組合員さんの質問もありとても良い機会になりました♪♪また、天然にがりと硫酸カルシウムの食べ比べでは豆腐の風味の違いにビックリ!!した様子がとても印象的でした。今回の工場見学で感じたことを一人でも多くの方に伝えていって下さい。宜しくお願い致します。

2017年10月21日新潟県上越市:エンレイ大豆生産者(大瀧農場さん)と交流及び収穫状況等を行いました。

お酒の席圃場2人圃場草むしり大豆収穫収穫②大豆トラック大豆とっらく搬入①搬入②大豆挿入もみがらお母さん袋詰め①

袋詰め②袋詰め紐水分率社長3人袋君①君②君③

・2017年10月21日に新潟県上越市頚城にあるエンレイ大豆生産者の大瀧農場さんへ訪問を行いました。前日の夜に交流会をし21日の朝からエンレイ大豆圃場・収穫また、大瀧農場さんの工場で乾燥~選別~袋詰めまでの一連の作業も見学させて頂きました。(大瀧さん・佐藤さん・渡部さん)

・訪問する事前確認で今年は特に雨の日が多く大豆にとってはかなり厳しい状況だと聞いていました。やはり収穫してからの選別で小粒・特定外の品質が例年より多く大瀧さんも頭を抱えていました。弊社と致しましても大瀧さんと話しあって協力できるような対応・対策を検討しています。(豆腐適正が高く・雨に強い品種等…)

・工場見学では選別機にかける前に手作業でもみ殻や枝等を除去したり定量になった大豆袋の紐を素早く・綺麗に織り込んで結ぶ作業がとても印象的でした!!大豆水分率は雨の影響で乾燥する前で22%台と高く乾燥調製もなるべく過乾燥にならないように(14%台)お願いしてきました。今年で2年目ですが、交流を重ねる事で人との繋がり(信頼関係等)が太くなり、更に大豆や豆腐の向上に繋がっていると改めて感じました♪♪最後に今年の作付け面積は25ヘクタールで昨年より3ヘクタール少ない状況なので、今後は全量大瀧農場さん達のエンレイ大豆で1年間使用できるような取組を行っていきます!!

2017年10月11日豆伍心工場見学&学習会を行いました。(生活クラブ生活協同組合大阪)

 

これ

・2017年10月11日に弊社工場見学&学習会を行いました。今回は生活クラブ生活協同組合大阪:門真ブロック:目崎さん 松本さん 小林さん の参加です。主な目的は新地区委員研修として豆伍心への工場見学!!。そして目的として、①工場見学を行い関西でビジョンフードとされている豆腐・揚げについて学ぶ。②どんな大豆を使っているか?余計な添加物を使わない豆腐がどうやってつくられているのか?③生産者の方の説明の仕方や分かりやすかった言葉などを地区活動の参考にする。④参加できない地区委員に報告という形で伝えられるようにする!!

・今回の学習会内容につては①製造工程について②大豆倉庫見学③工場見学(絹ごし製造)・うすあげ手揚げ体験④事務所にてできたて絹ごしの試食⑤企業理念・凝固実験(天然にがりと硫酸カルシウムの食べ比べ)大豆・にがりや市販品との違いについての説明等⑥懇親会(豆乳スープ・うすあげのたまご大葉入りピザ風焼き・豆伍心オリジナルお好み焼き(山芋・水を使用せず代わりに豆乳を代用)です。

・弊社の豆腐・揚げ製造の原材料は余計な添加物等が入っていないので、大豆・にがりについては特にこだわりが強く、つい私も折角なので沢山知って学んでもらおうと張切り過ぎるところがあり、組合員さんにとっては初めて聞く言葉や説明ばかりで中々理解が難しいと思います。それでも、一生懸命真剣に取り組んでいる姿を拝見させて頂きいつも感謝とやる気に繋がています。今後も一人でも多くの方に情報を提供・共有できることを心から願っており、皆様のお力添え協力のもとお願い致します♪♪(今回も私一人の対応だったので写真が少なくてすみませんでした。また反省です。)

2017年10月7日豆伍心工場見学&学習会を行いました。(生活クラブ生活協同組合大阪)

集合

 

・2017年10月7日に弊社工場見学&学習会を行いました。今回は生活クラブ生活協同組合大阪:千里ブロック:吹田支部:山田地区:浅野さん 和田さん 岡本さん ゲスト:松山さん の参加です。主な目的は今年度ブロックの利用結集材である豆腐について工場見学することにより、豆腐の良さを知る事ながら、大豆の事、製造方法・安全性・味等全般を学び、組合員にも参加を募り、利用・登録を勧める‼事前弊社への依頼内容については、豆腐の原料・製造工程について、一般メーカーとの違いを知りたいという事でした。

・今回も学習会内容につては①製造工程について②大豆倉庫見学③工場見学(絹ごし製造)・うすあげ手揚げ体験④事務所にてできたて絹ごしの試食⑤企業理念・凝固実験(天然にがりと硫酸カルシウムの食べ比べ)大豆・にがりや市販品との違いについての説明等⑥懇親会(豆乳スープ・うすあげのたまご大葉入りピザ風焼き・豆伍心オリジナルお好み焼き(山芋・水を使用せず代わりに豆乳を代用)です。

・今回はゲスト参加もありましたが、組合員さんやゲストさんも真剣に学習会に参加をして頂き、出来立ての絹ごし豆腐試食では、ゲストさんに「生まれて初めてあんなおいしい豆腐を食べた!!」と最高のお言葉をもらいました♪♪弊社のこだわりである「昔ながらの味」=「大豆の風味をしっかり・沢山味わえる」豆腐・揚げがこの感想に繋がったと思います。もちろん余計な添加物を使用せずにこの風味を出す「昔ながらの製造方法・技術」も含めて今後も日々精進していきます!!今後とも宜しくお願い致します。(今回私一人の対応だったので写真が少なくてすみませんでした。もう少し撮る予定でしたが話に夢中になりました…)